トップページへ

北海道山岳ガイド協会とは

 

平成4年、北海道山岳ガイド協会は全道各地で活動する登山のエキスパートを中心にして、カヌー、熱気球のインストラクターなども加え自然環境に恵まれた北海道ならではの組織として新しいサービス産業の確立を目指し、有志19名により発足しました。

 設立にあたり、「ガイドとはクライアントが入域したことのない山や自然のなかでも安全に案内し、技術や知識を高めながら山旅や自然環境を楽しんでもらう為のプロの案内人である。」と定義し、山や自然状況の情報交換・研修を通じて技術・知識などの資質を高め、あわせてガイドの社会的地位向上を図る、としてこれらを目的と定めました。

 その後、同様の目的を持つ全国組織、日本山岳ガイド連盟に加盟。平成15年には同連盟が社団法人格を取得し、公益法人格による全国統一基準のガイド資格を発行するに至り、当協会は全国基準の道内唯一の有資格ガイド職業集団として確立いたしました。

 現在、加盟事業所57団体。加盟正会員総数94名を擁し、「安全登山」を合言葉に北海道の新たなるネイチャービジネスを牽引する存在として全道で活動中です。

<所在地>
〒060-0062 
北海道札幌市中央区南2条西6丁目 一閤ビル2F
TEL:011-261-2275  
FAX:011-261-2019
URL:http://hmga.org/    
MAIL:info@hmga.org
  • <役員>
  • 会長 石川 裕司
  • 副会長 塩谷 秀和
  • 理事長 宮下 岳夫
  • 副理事長 大橋 政樹
  • 理事 酒井 和則
  • 理事 奈良 亘
  • 理事 辻野 治子
  • 理事 阿部 夕香
  • 理事 立本 明広
  • 理事 石黒 淳
  • 理事 金村 孔介
  • 理事 古市 竜太
  • 理事 塚原 聡
  • 顧問 川越 昭夫
  • 顧問 樋口 和生
  • 顧問 芳賀 孝雄
  • 監事 栃内 譲

会長の言葉

山岳ガイドは”登山を愛好する皆様の”より良きパートナーです

 あの山に登りたいがあいにく仲間もいない、自分ひとりでは不安だし家族も許してくれない。 そんな時、この「北海道山岳ガイド協会ホームページ」が一助となればと願っております。 きっと良い登山が実現でき得るものと信じます。
当協会に所属する山岳ガイド・登山ガイドは男女合わせて94名。年齢も老から若ガイドまでおり、毎年のガイド技術講習会を経験して心身、技術の練磨を積んだ優秀なガイドが沢山おります。
  30年前、北海道には山岳ガイドなる者が存在しておりませんでした。しかし最近は少しずつ山岳ガイドの身分が認められる様になってきました。時代は今や、公益社団法人「日本山岳ガイド協会」を創立させ、全国統一の厳しい資格取得も義務づけ、国際的に活躍できるガイドの養成までをも志向するに至りました。 北海道山岳ガイド協会はその一構成団体として北の地で踏ん張っております。

 さて、山岳ガイド・登山ガイドとは登山をされる皆様の安全と安心と歓喜を増やすお手伝いをするのが仕事ですが、その代わり対価を支払って頂かなくてはなりません。
また、自然が相手の仕事ですから、いつも皆様の満足のいくお手伝いは出来ないかも知れません。その上、参加者はお互いに人間同士ですから気心も合わない時があるかもしれません。 しかしガイドは常にお客様の「こころうち」を理解し最善を尽くします、どうか皆様も頑張るガイドの思慮にご理解をいただければと存じます。
ただ、こと登山の安全に関しては山岳ガイドは毅然として対処する様、日頃から訓練をつんでおります。ご信頼ください。
 山岳ガイドは登山をされる皆様のより良きパートナーになりたくて、日ごろから励んでおります。
 本ホームページをお訪ねいただけましたことに感謝申し上げ、そしてこれをご縁に北海道での魅力あるガイド登山にご興味をお持ちいただければと切に願います。

北海道山岳ガイド協会 会長 石川 裕司

HMGA組織概要

平成30年度 協 会 概 要
団 体 名 北 海 道 山 岳 ガ イ ド 協 会
所 在 地 事務局:〒060-0062     札幌市中央区南2条西6丁目一閤ビル2F
電話番号:011-261-2275     FAX番号:011-261-2019
U R L:http://hmga.org/     e-mail:info@hmga.org
創立年月日 平成4年11月
協会役員 会 長 石川 裕司
副会長 塩谷 秀和
理事長 宮下 岳夫
副理事長 大橋 政樹
他理事10名
本部事務局付き
地方連絡調整室
知床地区連絡調整室 滝澤 大徳
東大雪地区連絡調整室 小早川 達也
大雪山地区連絡調整室 鳥羽 晃一
ニセコ地区連絡調整室 古市 竜太
宗谷地区連絡調整室 渡辺 敏哉
渡島地区連絡調整室 辻野 健治
東京連絡調整室 高柳 昌央
登録事業所 60事業所(他フリーランス登録5名)
会 員 数 会員総数98名(正会員93 準会員1 顧問3 賛助会員1)
目  的 本会は、登山・山岳ガイドを業とするものにより構成され、登山のための正しい技術と知識の向上に努め、その業としての社会的地位向上を図る。(社)日本山岳ガイド協会を構成する一団体として全国の山岳ガイド団体と連携し環境保全・自然保護・山岳遭難事故防止を推進し、登山文化に寄与する。あわせて会員相互の活動の連携を図り北海道のサービス産業として確固たる地位を築き、その発展に努めることを目的とする。
資 格 者 公益社団法人 日本山岳ガイド協会公認資格
国際山岳 ガイド3名
山岳ガイドステージⅡ15名
山岳ガイドステージⅠ8名
登山ガイドステージⅢ2名
登山ガイドステージⅡ60名
登山ガイドステージⅠ1名
自然ガイドステージⅡ2名
自然ガイドステージⅠ1名
インドクライミングインストラクター1名
(公社)日本山岳ガイド協会公認資格検定員 5名
所 属 団 体 公益社団法人 日本山岳ガイド協会
北海道山岳9団体連絡協議会
北海道山岳遭難防止対策協議会
ページ最初に戻る